So-net無料ブログ作成
検索選択

狐あり村での狩人視点考察 [基本戦術とか]

knight.jpg

騎士・狩人は毎晩誰かを護衛することができる。
狐を含む村では狐襲撃や銃殺といった概念が追加されるが
狩人目線でのみ得られる情報が重要になることが多い。

今回は狩人から見た狐に関する夜情報と、
その有用性について考える。


スポンサーリンク

・護衛先が夜に死亡(1死体)

夜に護衛した先が死んだということはケースはひとつ。
護衛先が狐であり、真占が銃殺したということになる。

前日占い指定をとっていれば狩人目線でのみ
真占はほぼ特定できることになるので、
村にとってゲームを決定付けるほどに
非常に重要な情報になる。

・片方の占い師の占い先が死亡(1死体)

変態護衛していなければ最頻出の展開。
占い2指定のとき、1指定のときのときで視点はかわるが、
銃殺噛み先占いの2択(厳密には3択)ということになる。

占い師の片方を護衛していて、その占い先が死亡している場合は
ゲーム中盤・後半では結構な確率で銃殺GJが発生している。

スポンサーリンク

・平和(死体なし)

狐村で朝死体がなかった場合の夜結果は
次の3パターンに区分けされる。

①狐噛み
②GJ
③狐噛み&GJ(襲撃先が狐&護衛先が狐)

③は非常にレアケースなので普段意識する必要は薄いが
①②に関しては非常に頻繁に発生する。

ここで注意したいのが狩人目線で①なのか②なのかを
なるべくわかりやすくしておくということ。

具体的には変態護衛(トリッキーな護衛)は避け、
狼が狐探しの目的で噛みそうなところは護衛対象にしない---
具体的には片白やグレーよりも占・霊といった
役職COの方に護衛を厚くする方法が考えられる。

またこの護衛バランスは狼陣営と一時的共闘の際に、
狐位置の情報が錯綜することを抑止する効果もある。

たとえばグレーを護衛した夜に死体なしが出た場合
狼はグレーを噛んでいる可能性が高いものの
狩人目線ではグレーGJなのか、狐噛みなのか
非常に判定が難しくなることはもちろんのこと、
狼にとっても護衛されたのか狐だったのかは
狩人COと護衛先の正確な提示があるまでは
ほぼ判別ができなくなってしまう。

もちろん、狐が役職に出ている場合があるので
100%の正解ではない点も考慮したい。

スポンサーリンク

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
body{ font-family:'ヒラギノ角ゴ Pro W3', 'Hiragino Kaku Gothic Pro', メイリオ, Meiryo, 'MS Pゴシック', sans-serif; }